メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2006年03月08日

論理と仮説の不思議な関係

 論理というのは卑怯な方法であると感じるわけであります。なぜなら「なぜなら」でごり押しに迫り、それがあっていようと間違っていようと、それが正しいかのごとく振る舞ってくる。「なぜなら」で人は納得してしまう。なぜなら、人は「なぜなら」を欲しているからだとこのように。

 一般的に「なぜなら」の後で語られる部分は“ただ一つ”ではなく複数あり相対的なものだ。いろんなバリエーションがあり正解というものはないかもしれない。だが、どれをとっても「なぜなら」と言われると納得の方向に向かわざるをえない。論理は悪魔のようなツールだ。それはきっと「美しいから」ということと無関係ではないだろう。

 もし、「なぜなら」が抗い難いものだと「仮定」すると、その出発点である「仮定」・「仮説」がもし間違っていたら、その論議は全部デタラメのものを享受することになる。

 私たちは、日頃あたりまえのように論理・論理というが、その論理の出発点・前提が間違っていたらということに気がつかないことが往々にしてある。数学では普遍の「定義」というものが存在するが現実には普遍ではなく相対的な「定義」があるだけだ。とこのように「仮定」すること自体間違っているのかもしれない。それを「論理」でごり押しに正当化しているだけだ。

 私たちは日頃多くの分化された学問の世界に住んでいる。個々の学問は固有に自明の理としている「定義」を持ち、それを「前提」として議論を進めている。しかし、その「前提」は他の学問の分野にいくと必然的に違う可能性がでてくることがある。そう、「前提」は普遍ではないのだ。

 だから、私たちはその「前提」に一度疑いの目をかける必要があるように思われる。「なぜなら」それが間違っているかもしれないからだ。その違いを見抜くためには多くの「前提」があることを知らねばならぬ。だから、一般教養は必要だし、他の学問も横断的にやる必要性がでてくる。そう、世の中は分化されていなくつながっているのだ。とこれも「仮定」なので必ずしも“正しい”とは限らない。。。

posted by チャーリー at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中の疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

医学の発展が引き起こすものとは?

進化が自然淘汰によるものとすると、それを強引にねじ曲げ、弱者を生きながらせる医学・医療というのは、人間の進化を妨げることになりはしないか?ということを最近考えた。
そうだとすると、もし、進化が起きずに交配を永続的に繰り返す行為が必然的に遺伝子の劣化を引き起こすと考えると、人間は退化するしかないようにも思える。
ちょっと複雑な心境です。



posted by チャーリー at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中の疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

ニートっていうな!〜ことばは世の中を隠すベール〜

 最近よく頻繁に耳をする、ニートフリーター下流社会負け組等々のことば。これらはいったい何者なのか?ことばというのは不思議なもので、世の中には1か0などという、極端なものは数学以外ではないはずなのに、なぜか「ことば」が産まれると1か0になり差異は消えてしまう。上記のニートフリーター下流社会負け組等々も同様に、有無をいわさずダメ人間のレッテルを貼る。本当は同じニートにも様々な人間がいるにもかかわらずだ。
 
 「ことば」というのは本質的に差異を消し去るツールである。それのみならず、人間は「ことば」を使って物事を考える。だから、「ことば」こそが王様だ。しかし、上記のような「ことば」は造語として新たに作り出されている「ことば」だ。いったい誰が作ったのか?

 もちろん、誰が作ったかは調べれば分かる。しかし、問題なのは各「ことば」は暴走して、イメージをもつということだ。それは大衆が限られた情報を元に勝手に、肥大化させていく一種のモンスターである。イメージによっては今まで善なるものが悪に転ずる可能性も秘めている。かつて「かわいそうな引きこもり」は「だらけたニート」に転ずる。「ことば」一つで善を悪にかえることができるツール。

 このツールを時に匠に使ってくるのが、時に政治家であったりマスコミであったりする。ヒトラーもブッシュさんも小泉さんも、つくずく名手なのである。

posted by チャーリー at 18:06| Comment(1) | TrackBack(1) | 世の中の疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

サックスにおける息の使い方

はき続けろ。音が切り替わる瞬間こそ、息をはき続けなければならない。サックスは持続音なのだ。死んでもはき続けろ!それが音に生命をもたらす。

posted by チャーリー at 01:51| Comment(11) | TrackBack(0) | 個人練日記(息の使い方) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主主義ってなんだ。

多数決、実に甘美な響きをもった言葉だ。多ければ正しい。なんとも素敵だ〜。市民に支えられた社会、、民主主義。市民の多数決による民主主義。しかし、その肝心の市民は正しい判断が下せるのか?“正しい”、、それもまた甘美な響きだが。今日もマス・メディアの情報に左右されながら手をあげる市民たちがいる。一体このシステムはだれが一番得をするのか?

posted by チャーリー at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中の疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。