メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2007年09月20日

軽井沢リゾートマンション調査

 今現在、軽井沢のリゾートマンションの資料整理中ですが、良いマンションってのはなんなんでしょうね。マンションが悪だとは全然思わなくなってきた今日このごろ。

 というのも東京などにいるとお化けのように高いマンションがにょきにょきしてますが、こと軽井沢に関して言えば2階までのマンションがほとんど。というのも規制をかけているからなのだが。ヨーロッパなどは低層(4階)ぐらいの集合住宅がまちの美観を形成していることを考えれば中々軽井沢のマンションも悪くないはず。

 なのに地元住民からは批判の声が。批判の一つに道路に近いというのと木を伐ってしまうというのがあるのですが、じゃあ木を伐らずに道路から一定幅フィードバックすればそれで良いマンションなのか?そもそも良い建築というのは何なのか。特に環境などに配慮した良い建築とは何なのか?ソーラーパネルをつければ良いのか?地元の材料を使えば良いのか?そもそもコンクリートという材質が良くないのか?しかし、木造の構造では防火に対してどうするのか?しかし、一方で防火に強い木材もある。

 こんなことを書いていると自分に建築の知識がないために判断がつかない点が多い。やはりもっと勉強しよう。

[コメント:ゆう]
 嫌な言い方すると、地元の人が反対する時って、土地によっては「知らない人がたくさん入ってくる」こと自体に抵抗があることが原因になる場合があるんだよね。 それに「景観とかも悪くなるし」と建物自体の問題が後付的にくっついたりすることもある。 一軒家ばっかりの地域だと「マンションがある」こと自体が異様に感じることもあるんじゃないかな。

日本人は保守的だからね。

意外と建物の要素要素の問題じゃなくて、心理的な影響が問題だったりして。

いい建築は、きっと人間関係がよくなる建物なんだよ。
なんてことを考える今日この頃。


[コメント:ちゃーりー]
 心理的な影響っていうのはまず間違いなくあるだろうね。だけど、この軽井沢の件に関しては面白いのが、なんとなく規制の方向からいって、ひょっとするとマンションが建つことによって森の樹木を手入れさせる管理人を増やす里山的な発想が盛り込まれつつある動きが見られることなんだなー。つまり「マンション建設→森管理人増」のような図式。これって、結構面白いと思わない?
posted by チャーリー at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市・建築・地域・教育うんぬん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログに戻る

長らくこのブログは更新していませんでしたが、何を血迷ったかまた書くことにします。ですが、前とはいささか状況が異なっています。楽器のこと以上にたくさんいろいろ書き記すことがでてきました。ということでよろしくお願いします。

ちなみに私は現在、早稲田大学芸術学校都市デザイン科1年という席をおいており、都市デザイン、地域づくりなどを研究しています。
また、早稲田大学地域教育系サークル
だがしや〜遊びと学びのネットワーク〜
http://dagashiya-network.seesaa.net/
というサークルにも属しており、地域と教育について考えております。

このような活動に向かわせた背景と致しましては、このブログに書いてきたような音楽が深く影響しており、その意味を込めてこのブログで日々の活動を更新することに致しました。
posted by チャーリー at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

芸術分野におけるファンドの意義





 ここ最近、芸術分野におけるファンドによる制作が、ちらほらと出てきた時代なのかなぁと思います。芸術は支援なしでは生きられないものなのかもしれません。なぜなら、歴史上芸術単体でマネーを生み出すというより、権力者や成金の下に属することで生きながらえてきた節があるからです。ある時は貴族お抱えの絵師であったり、ヒトラーの大衆操作に使われたり。
 
 映画「忍−SHINOBI」は日本で初めての個人向け映画ファンドの応募を受け付け、投資額は一口10万円から。何口でも申し込め、 映画ファンドで集められた資金は、「忍−SHINOBI」の製作費などに充てられ、劇場収入とビデオ収入から利益を還元される仕組みです。

 音楽でも、新人アーティストをファンドでもって育成するということが、起こっているみたいで、ミュージックセキュリティーズでは1口1万円〜で、全てオンラインで簡単・気軽にお申込ができるそうです。

 しかし、多くの資金を集めるためにはより多くの大衆に魅力があると思わせなくてはなりません。従って、ここでも芸術は大衆に従属するという図式が起こってしまいまい、今までの流れと何一つ変わらないのかもしれません。大衆から多くの支持が得られるというのは必然的に多くの潜在的利益が期待でき、ファンドはビジネスの匂いを嗅ぎ分ける道具なのかもしれません。

 芸術はそれ自体のために奉仕するというスタイルは、近代になって流れとして現れましたが、それが結果として芸術家たちを弱らせる事態を引き起こしました。やはり、金持ちの下で霞みを食っていくのがよいのでしょうかね?

以下はアイドルファンドに関する記事です。
http://plaza.rakuten.co.jp/japaner/8002





posted by チャーリー at 20:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 表現・芸術について思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

e-Sax(サックス消音機)っていいの?





 そういえば最近、e-Saxというのを渋谷のウィンドブロスで見かけたけど、いいのかな?店員さんの意見によるといいらしい。。サックスはほんとに防音が難しいけど、このe-Saxは今までのとひと味違うようだ。

 前にも、サックスの消音道具はどこぞの会社から発売されていたが、こちらはまったく使い物にならず、どうしようもなかった。なんせ、ネックのところまで邪魔をし、一度オクターブキーを押すと押したまんまの状態になったりさんざんなものだった。
それに比べたら、今回のは格段に良いらしい。うちも金があったら欲しいのだが、なにぶん決して安い買い物ではないもので、今はまだ買わないが、将来もしかしたら買うかもしれん商品だ。

 どの、楽器屋に在庫があるかわからないから、楽天で買った方が無難かも。。。

e-Sax


posted by チャーリー at 17:42| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

瞬間のタンギングへ...

タンギングとは音を切るんだけど、切り離さないものであるようだ。従って、タンギングをやる予備動作のようなものはやらずに、瞬間的にリードに近づき、離れる。これが重要で、なおかつリードに舌があたる面積が重要らしい。リードの下にあたれば面積が多くなり、よりべったりつく。反対にリードの先端に触れれば接触は最小限に押さえられる。もっとも自分の出したいニュアンスが違えばどちらが正しいというのはなくなるのだが。。
posted by チャーリー at 10:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 個人練日記(タンギング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。