メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2005年04月20日

生演奏を聴かなければ始まらない!!

 今日は自由ヶ丘で佐藤達也さんの演奏を聴いてきました。まあ、演奏内容はさておき、今回思ったことがあります。よく先輩方から言われることですが、「お前の演奏は本当に吹きたくて、吹いているのか?」と言われたりします。でもですね、今日思ったことは、仮に自分が本当に吹きたいときに吹いたとして、本当にいい演奏になるのかな?ということです。いや、このたぐいのアドバイスは間違ってはいないと思うのです。むしろ、言葉のニュアンスが違う!吹きたいときに吹くというのは、わるく言えば自分勝手なニュアンスを内包します。現実の現場ではそうではない。

 では、どのような言葉がいいのか?といえばむしろボクは「その現場でおこっている音楽が、自分ができる範囲内で一番すばらしくなるように演奏する」という言葉を使います。音楽を目を閉じてジッと聴いてみると、ドラムが聴こえてきます、重なるようにしてベースがかぶさり、時折ピアノのサウンドが聴こえてくることでしょう。それは透明なセロハンに絵を書き、それを何枚か重ねて1つの絵画を造る行為と似ているかもしれません。じゃあ、その重なり合った絵に、いかなる絵を重ねたら全体としての絵画がもっともすばらしいものになるのか?その役割を担うのがフロントであると言えます。

 ですが、ボクを含め通常の人はこの段階以前の段階でつまずくことでしょう。それは、まずドラム、ベース、ピアノがすべて重なり合った状態で聴こえていないのです。見えてもいません。なぜでしょうか?

 今日のライブを聴いて、ボクなりに思ったことは、ボクたちは日頃「CD」というデジタル信号を聴くだけで満足していることが大半です。ですが、デジタル信号はデジタル信号。音の波そのものは非常にフラットな振動を鼓膜が感知します。したがって、ドラムが何をしているのか、ピアノが何をしているのか印象に残りづらい。なぜか?均一な差異のないデジタル信号だからです。

 対し、生の演奏というのは、フラットではなく立体なのです。ドラムが叩いた音の振動と、ベースアンプから出てくる音の振動は、鼓膜が感知するものとしてはCDとは比べ物にならないくらい立体的に聴こえます。丁度、飛び出す絵本のように。さらに、このような立体の振動は、耳に体感として記憶する性質があると思います。分かりやすく言うと、聴こうとしなくても全身で勝手に感知し、認識していくように鍛えればなるのではということです。

 これが、JAZZでいう耳がいい人ということであると思いました。もちろん音程を聴き取るというのもそうなのですが。では、どうすればこのように体感できるようになるのかと言うと、結論として、生演奏を聴く絶対量と比例するのではないでしょうか。昔のミュージシャンは毎晩のようにジャズクラブに入り浸っていました。考えてみれば今の人達よりセンスがいいのは比例関係からも明らかな気がします。

 ボクらのような駆け出しは、今練習している時間の3割は削って、プロの生演奏を聴く時間に割り当てた方が、将来的にみて効率的な気がふとしました。では、今日はこの辺で。

2005年04月11日

吹奏楽器における自分の音の聴こえかた。

「自分の今、出している音がどうなっているかを判別できるくらい、自分の音に意識が集中しているか?」最近ふと思った疑問である。考えてみれば、どうして管楽器の人で"すごくうまい人"が結構いろんな大学を回ってもなかなかいないのだろうと考えてみた時に、この自分の音の聴こえ方が関係しているのではないかと。それはおそらく管楽器の人がピアノやドラムよりも自分の演奏を客観的に聴きづらいためだと思う。口の中を通って音が耳にいくためらしい。

じゃあ、多くの管楽器奏者はどうしているかというと録音をしている。自分の演奏を録音して聴き、どこがダメかを比較検討して試行錯誤をやりながら練習に励むのだが。しかし、最近ふと疑問に思うことがある。自分の演奏を録音する→検討するという流れをやっていくと、自分の演奏の状態をリアルタイムではなく録音された音源でしか判別しないということになってきてしまっているということだ。

これというのは、つまり実際吹いているときは自分の演奏をまったく聴いていないで、その後録音音源と格闘しながらかっこいい吹き方を癖に染み付けていく。つまり、指の感覚等で吹いていることになる。これでいいのであろうか?とそう思うわけである。

確かに、自分の演奏を録音することは重要だが、もっと重要なのは自分の演奏のできがリアルタイムで細かいニュアンスまで判別できることではないだろうか?というかこれができないとまったく意味がない。録音し検討して練習したことがあるフレーズならうまく吹けるが、ふと突然浮かんできたアイディアは一回録音してみないと分からないなんて、なんて非効率なのか!自分の演奏に集中し、客観的に聴こえていれば、自然とリアルタイムでグルーブしたフレーズを吹けるだろう。

1950年代のミュージシャンはポータブル録音機材なんて持ち合わせていないわけだから、うまくなるためには自分の出す音を、ほんとに真剣に聴いたのだと思う。自分の音に集中しよう!今、どのように音が鳴っているか?


メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。