メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2005年05月08日

演奏がうまくなるには...その2

 最近、先輩方やOBにいわれたことをまとめたいと思います。

「ジャズっていうのは単語単位でしゃべるんだ。レとかではなく、レドシドで一単語。だから吹いているときは次なんの単語をしゃべるかは考えるけど、一音ずつ次はレとかやるわけではない。例えば次ぎにコードの構成音にたどり着いたら自然とそこからのフレーズが出てくる。」

「もっというと次はなんのフレーズとか考えるわけではない。沸き上がるんだ。飽和点みたいに。もし、今その感覚がないのなら、今は徹底的に機械的にフレーズを12キーで練習してジェイミーのマイナスワンにあてはめることをやれ。コードのいろんな位置からはじまるものを。」


ジャズ研OBのアルトの先輩より。

「俺らがお前に求めているのはフレーズを吹けることじゃない。それよりも酒バラのテーマがジャズらしく吹けるかとか、マーシーマーシーマーシーがファンキーに吹けるかとかそういうことだ。」

「お前に今必要なのはおそらくトーンとタイムだ。アートペッパーならアートペッパーでCDを流して一緒に吹いてニュアンス、雰囲気がそっくりになるように吹く。トーンとタイムが良くしろ。お前はよく音をのばすところで延ばしきれていない。そういうとこも常に気にしろ。」

「俺は1年のころDマイナーだからDドリアンというように吹いていたんだけど、ある先輩にそうじゃないって言われた。それ以来頭の中に浮かんだものを出すようにしたんだ。お前、フレーズを吹くとき歌いながら吹いているか?つまり声に出して歌いながらサックスを吹いているか?すべてのフレーズは歌えないとダメだ。」


テナーのI先輩より。

いや、ありがとうございます。
posted by チャーリー at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

演奏がうまくなるにはどうしたら?

 最近、とても忙しく更新する暇もなかったのですが、ちょっと思ったこと、先輩にいわれたことを箇条書きにしてみたいと思います。
  • なんでも、音を出す前には頭でイメージ、ピッチを鳴らすように努力しなければならない。
  • コピーしたものは完全に頭で処理できるまで覚える。特に書くことで覚える。
  • コピーしたものを完全に身につけるには、おそらく2小節コピーフレーズ、2小節アドリブ、できたらその逆や奇数小節でやる。
  • スタンダードはとにかくピアノでコードとメロディーを確認、その後書きまくって覚える。
  • 自分の練習法を信じる。迷わない。
以上かな。
posted by チャーリー at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

練習に携帯の待受を有効活用!

 最近、便利だなと思ったのが、携帯電話の待受画面!!これに、練習の目標とか課題をメッセージとして表示しておけば、絶対一日に何回か見ることになって非常に良い練習の強制力となる。皆さんもぜひぜひ!!
posted by チャーリー at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

ジャズにおけるニュアンスのコピーと練習法(導入編)

 つまるところ、かっこいいとか、うまいとか言うのは、何がそうさせているのかというとニュアンスというのが結局、非常に重要になってくるのは自分の練習を録音している人ならだれでもよくわかっていると思う。

 もちろん、かっこいいとか、うまいとかよりはるかに重要な“歌”というのが、音楽的という評価の一番大切なものであるのはもっともなことなのだが、それでもやはりニュアンスは大切である。

 自分の演奏の録音を聴いて“かっこわるい”という思う原因はだいたい、続きを読む

posted by チャーリー at 01:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

トランスクライブ(コピー)のやり方。

 今日はチャーリー・パーカーのCool Bluesのコピー(トランスクライブ)を練習していたら、テナーサックスのI先輩がやってきて、

「同じとこ何度も何度も練習するな、やるなら1コーラスとか流れのなかでメトロノームと練習しろ!本番はやり直しとかないんだから。できないならテンポを落とせ!」

と言われた。はい!わかりました。あと、こんなことも言われた。

「おまえ、コピーしたやつを譜面におこしているか?譜面におこせ。頭の中だけでやると手癖になってしまう。譜面に書いてあれば視覚で覚える。それに譜面にも強くなるしな。書いておけば後でまた見直しができるし。とにかく書け!」

はい!了解しました。

posted by チャーリー at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

すべての答えは自分のCD棚の中にある。(どこかのジャズ教本より)

 昨日、練習の最後にテナーサックスのうまい先輩がベースのC年と話ているのを盗み聞きをした。内容は以下。

「おまえの、のばしたときの音は聴いたことがある。CDの中で。だけど、おまえの八分のフレーズの音は聴いたことがない。まあ、のばした音が聴いたことがあるなら、押さえ方とアンプのセッティングは間違っていない。それで、十分だ。」

 ああ、確かに自分の演奏を録音してみて、CDの音源と聴き比べてみて、音色、ノリが同じなら合格なのだろう。「君の質問の答えは、すべて君のレコードルームにある。」とどこかのジャズの教本に書いてあった気がする。。。それにしても今日から花粉症が発病した。死にそう。レーザー治療を受けようかな。小青竜湯っていう漢方も効くらしい。あと、杉の葉茶もいいってネットに書いてあった。ふひぃ〜!!


posted by チャーリー at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

習慣化の重要性!(ジャズ・アドリブにおいて...)

 アドリブ中というのは非常に考えなきゃいけないことがいろいろあったりして、フレーズの強弱とかまで意識がいかなかったりする。そこで、やらないといけないと思ったのが、息使いや強弱、その他諸々の習慣化だ。強弱をつけて吹くのが当たり前になっていれば、たとえ知らない曲を初見で吹くことになっても「おお、いけてるね!」って言われるであろうと思う。

 で、今日思った練習法はテクニック練習の教本で強弱の練習をする。ボクが使っているのはpatterns for improvisation
というやつだ。これを使って、一つのフレーズのどこにアクセントをつけるか決めて、12キーで練習していく。今度は3裏にアクセントとかいう風に。もっとも初めは音形にそってやった方がいいと思うが。

こうすれば、次第に自在に無意識にかっこいい強弱を自然につけている状態になると思われる。早速、明日から試してみます。


posted by チャーリー at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャズピアノっ子からのアドバイス!

 今日はジャズピアノの人に練習のアドバイスをもらった!内容は以下。

  1. 曲のコードのルート、又はアルペジオを吹く。
  2. 次に、必ずコードのルートから始めたスケールを吹く。
  3. スケールを換えてみて、ハーモニーの違いを確かめる。例えば、マイナー7thだったら、ドリアン、エオリアン、フリジアンとか。
  4. さらに違うキーでやる。
ふむ!よしやってみるか。
posted by チャーリー at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

演奏がうなくなりたきゃ録音しましょ!

 結論から言って、「自分の演奏を録音する」というのは最も効率の良い練習だ。あたりまえか?客観的なのだから。6時間の練習よりも、1時間の「自分の演奏を録音する」練習の方が上達するのではないかと思うときさえある。だが、頭で分かっていても、ボクの怠惰な性格はいつもボクを悩ませる。

 つい、分かっていて後回しにしてしまう、「自分の演奏を録音する」という練習法。
なんだそれなら毎日やってますよ〜というマメな人は、ほんとにうらやましい。
実際、この練習が一番うまくなるのに役立つであろうということを、頭の片隅で認識していながら、やらない!理由は単純、だってメンドクサイじゃん!......ダメだ。

 しかし、今日この練習をはじめて、練習が終わる頃には、自分が明日何を練習すべきで、今日何ができるようになったかが不思議と分かる。
ボクがもう少し、マメな男だったらいいのにと思いつつも、「ぶつくさ言ってないでやれよ!」と言われるのは目に見えているので、なんとか自分の意思で、毎日の習慣としなければならない。



posted by チャーリー at 00:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

『スタンダード・ジャズハンドブック』で練習はやや危険か?

 大学生のジャズ野郎に多く浸透している『スタンダード・ジャズハンドブック』なのだが、やっぱり最近これはまずいな!と思うとこがある。この本ははじめにも書かれている通り、かなりの部分でコードの簡略化がおこなわれているみたいだ。

今日はステラを練習していたのだが、例えば『スタンダード・ジャズハンドブック』ではB♭7と書かれているが、実際はB♭7♭9であったりする。なんだ、それだけ!っと言うかもしれないが、続きを読む

posted by チャーリー at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

I'll Close My Eyesを12キー練習!

 ようやく、I'll Close My Eyesのソロ部分の12キー練習に突入!これは、かなりヘビーな練習だ。まだ初めの5小節くらいしかやっていない。
しかし、ジャズ的なコードを凝縮した5度下降していくコード進行なので、
“明日のために”頑張っていこうと思う。

 ここでおすすめなのが、ソロをコピーするだけでなく、かならず各キーにおいて、自分のオリジナルのソロを練習すること。コピーは目的ではないのだから。
 自分のヴォイスを持つことが何より大切!これが出来たとき、どんなセッションでも気後れしない演奏能力を身につけることができるだろう。


同時にブルースも12キーで!!以前の個人練日記も見てみてくださいな!

他にもアドリブの話がたくさんあるみたい。

へろへろジャズレポのトップへ
posted by チャーリー at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

たまにはブルースを違うキーでやると。

今日はあいかわらず、ブルー・ミッチェルのI'll Close My Eyesを12キーで練習していて、やっとブルー・ミッチェルのソロに突入だと思ったら、
「セッションやろうぜ!」とお決まりの定型フレーズが飛び出してきた。
さてさて、続きを読む
posted by チャーリー at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

「ジャズ(アドリブ)の練習方法」やっぱりテーマを12キーで!

最近、このブログをいじりだしてから、やや練習を怠けてしまっていけないと思うわけなのですが、昨日は前にも紹介した通り、やっと見つけたうまくなる方法「テーマとソロすべてを12キーで練習する」をひたすらやりました。練習方法は人によってさまざまであると思うのですが、ボク個人的な考えとしては、従来のフレーズ12キー練習はどうも、2-5がでてきたら、よしきたとばかりに、その仕込んでおいたフレーズを吹く気がして嫌でした。また、どうしてもスケール的なラインが多いため、何となく指の慣れで吹けてしまう感があります。ボクはそれが嫌でした。もっとすべてを1つで練習できる方法はないのかと。
では、この「テーマとソロすべてを12キーで練習する方法」はどのような利点のある練習方法であるかといいますと。続きを読む
posted by チャーリー at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。