メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2007年10月13日

黒川紀章さんが亡くなった。。

 今晩は忙しい。明日までにいろいろ資料をつくらねばならない。
しかし、帰りの電車の中で建築家黒川紀章氏が亡くなったとの情報を読んだ。

 ああ、残念だ。

 率直に言って、僕は黒川紀章氏が好きである。尊敬している。彼の下で1回働きたかった。共生新党に入ろうと思った。

 僕は彼の作った建築に対して全面的に賛同しているわけではない。しかし、彼の生き方には最大限の賛辞を送ると共に自分もそのように生きてみたいと常々思う。
彼は思想家だ。現在の日本において大変希少な思想家である。僕は彼の自伝を読んだ。それは、後に生きる世代に大変なエールを送っている。生き方というエールを。

 何かを強く主張するということは怖いことだ。それは間違っているかもしれないし、もう反発にあうかもしれない。だけど、おかしいと思うことはおかしいと言い。間違っていることは公私問わず間違っていると言う。たとえ、そうしたことによって万人受けをしないとしても。自分のことだけでなく国のことを考え、世界のことを考え、場合によっては命をかけることもある。“正しく”生きるべきだと。そういった意味で彼は武士だ。

今の日本には思想家はほとんどいない。思想家とは生き方だ。より良い世界にしていくために自分なりに真剣に考え、反対や軋轢をうけながらも相対化を超えて価値や概念や美を「〜である」「〜が必要だ」と断言する。

 ルソーやマルクス、カント、千利休、坂本竜馬などはもはや「なぜ」の領域を超えている。そこにあるのは「である」だけだ。よくよく考えてみればこれらの人物の主張や行動には「理由」がない。もっともらしい説明はしてはいるが、いざとなると「〜である」や「べきだ」になる。だけど、奇妙なのは今日においてもこの「である」はいささかも輝きを失わない。もちろん、間違っていることも多々あるし、現実には機能しないものもたくさんある。だけど、その主張は確実に大いなる力強さとなって世界を覆っている。そこには共通して、世界への慈愛が満ちている。

 私たちはいつしか、自分の利益や権利を主張し、世界に対する慈愛とそれをよりよい方向にもっていくために真剣に考え自分の命を燃焼させる人の道を忘れている。相対化の波はさけられず、今述べた主張はいずれ繁殖しすぎて、別の主張に食われながら中庸に戻る波が起こるかもしれないが、それでもなお「である」を押し通す勇気が後世まで石碑となって残り、それが時代の活力となってシステムは新陳代謝する。

 黒川氏は高度成長期においても、昨今の選挙出馬の折にも一貫して、自分の主張を何の迷いも無く押し通した。高度成長期において共生思想・新陳代謝・中間領域という提案は未だその輝きを失っていない。そして、彼はその概念を建築という手法で具体化しビジュアルに見せた。これが思想家の第二の条件だ。具体化させること。

 具体的に提案することは、もっと反対意見がでる。より粗が目立つ。しかし、それでも世界に向かって発信する勇気が世界を動かす。

 ああ、もう時間だ。作業しないと明日は早い。謹んでご冥福お祈り申し上げます。ありがとうございました。
posted by チャーリー at 02:02| Comment(40) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

丸山欣也先生の授業スタート

 さて、土曜日から世界的にも有名な丸山欣也先生の授業が始まった。土曜日と言うことをいいことに予定では1時50分から17時までのはずが、結局20時くらいまでやることに。。内容は石ころ3つを見つけてきて、その3つの石で空間をつくり、その内部空間をスケッチするというもの。

 丸山先生いわく、現代の流行などのデザインに流されるのではなく、自然本来がおりなす造形をしっかり観察すれば、驚くほど必然性と多様性、美的なるデザインが学べるとのこと。なるほど、わかる気がするが、自分にはまだこの感覚が自分の中で育っていないため、よくわからない。ここは、ただひたすら観察してみてから判断しようと思う。

 それにしても、丸山先生という人は実にいい風を持っている人だ。普段は基本的に失礼なのだが、仕事の話になると「正しいことをやれ」と言う。自分は正しいと思う仕事しか受けない。これまでもそうやってきたと。何が正しいのか、いったい正義とは何なのか?疑問点はいくらでもある。しかし、この先生は間違っていない。そういえば自分は就職活動の時、どの会社にも「自分の正義を追求したい」と必ずいっていた。結果はどの会社も面接相手が社長に近くなればなるほど反応は悪かった。なつかしいなぁ。でも、自分はそれでいいと今も思っている。正しいことをして生きていけない社会はどこかおかしい。

 丸山先生とはそういった意味でかっこいい大人だ。自分の人生の中で「正しいことをやれ」といってくれたのはマンガや映画、小説の世界をのぞいた現実社会ではこの先生が初めてだ。そういう大人はこれから育つ後世の子どもたちにはとっても大切な存在だと思う。なんだか「正しいことをやっていちゃ、食っていけない」という台詞には聞き飽きた。

 今日までの公開だが、Yahoo動画で「妖怪人間ベム」が無料公開されている。このアニメは教育という観点で非常に大切な視点を与えてくれる。その中で「人として生きるには、正しく生きなければならない」という台詞は印象的だ。このアニメは1968年(昭和43年)10月7日から1969年(昭和44年)3月31日まで放映され、僕が産まれる20年ほど前の作品だが、当時はどのような時代背景なのかわからないが、当時の大人(つまり今のおじいちゃんたちの世代)は何らかのメッセージを当時の子どもたち(今の親世代)に伝えようとしていたのかもしれない。

 まあ、そういうことで、丸山先生が失業しない限り、自分もなんとかなるさと思う。これは実に有難いことだ。自分の人生が保証されたような感覚(もちろん努力なしには成り立たないのだが)。やはり、かっこいい大人は世界に光をもたらしてくれるものだ。自分は後世に対して、はたしてこのままだとどんな土産を残せるのかと、ある時考えたことがあるが、「正しく生きる」という生き様を残すのなら、お金持ちにならなくても、自分の子ども、孫にいい土産ができる。うん、なかなか悪くない。
posted by チャーリー at 18:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

ブログに戻る

長らくこのブログは更新していませんでしたが、何を血迷ったかまた書くことにします。ですが、前とはいささか状況が異なっています。楽器のこと以上にたくさんいろいろ書き記すことがでてきました。ということでよろしくお願いします。

ちなみに私は現在、早稲田大学芸術学校都市デザイン科1年という席をおいており、都市デザイン、地域づくりなどを研究しています。
また、早稲田大学地域教育系サークル
だがしや〜遊びと学びのネットワーク〜
http://dagashiya-network.seesaa.net/
というサークルにも属しており、地域と教育について考えております。

このような活動に向かわせた背景と致しましては、このブログに書いてきたような音楽が深く影響しており、その意味を込めてこのブログで日々の活動を更新することに致しました。
posted by チャーリー at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

e-Sax(サックス消音機)っていいの?





 そういえば最近、e-Saxというのを渋谷のウィンドブロスで見かけたけど、いいのかな?店員さんの意見によるといいらしい。。サックスはほんとに防音が難しいけど、このe-Saxは今までのとひと味違うようだ。

 前にも、サックスの消音道具はどこぞの会社から発売されていたが、こちらはまったく使い物にならず、どうしようもなかった。なんせ、ネックのところまで邪魔をし、一度オクターブキーを押すと押したまんまの状態になったりさんざんなものだった。
それに比べたら、今回のは格段に良いらしい。うちも金があったら欲しいのだが、なにぶん決して安い買い物ではないもので、今はまだ買わないが、将来もしかしたら買うかもしれん商品だ。

 どの、楽器屋に在庫があるかわからないから、楽天で買った方が無難かも。。。

e-Sax


posted by チャーリー at 17:42| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

陰と陽

先日、おじいちゃんに聞いた話だが、子を育てるには、子どものためを思うなら父親が叱って、母親がそれを慰める、つまり陰と陽の両方があって子は成長しバランスがとれる。どっちかが欠けてしまうとロクなことがない。それが自然の法則みたいだね。
音楽もこのバランスをよくよく考えねばならぬ。
そう考えると、世の中いろいろなとこでバランスが崩れているかもしれぬ。
posted by チャーリー at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

Jim Snidero(ジム・スナイデロ)クリニックに行ってきた。

そういえばこの前ジム・スナイデロのクリニックに行ってきました。で、一緒に行った仲良しこよし(...?)の3rdアルトが書いた記事を著作権を無視して全面的にパクりました。以下はそのパクリの残骸です。

ジム・スナイデロといえば、イージージャズコンセプションジャズコンセプションで有名な方。

ビッグバンドのサックスのアンサンブルと、
ジャズインプロビゼーションについて聞いてきました。

アンサンブルは明大BSのサックスセクションをモデルに
ひたすらイージージャズコンセプションのアンサンブルアレンジを3曲くらい初見で演奏。
初見のときに必要なポイントって、アンサンブルがちゃんとできる素なのだそうで。

インプロビゼーションのほうは参加してる人を使って
ジム・スナイデロのオリジナル曲のコード進行でどうソロを作るか、みたいな話。

なかなか面白い話が聞けました。

アンサンブルに関しては、
サックスのチューニングはB♭ではなくAでやれ
とか、
並び方は 2 3 1 4 5 が絶対にいい
とか、
細かいフレーズ内でつけるダイナミクスがなにより大事
とか、
もっとたくさんのことを色々言われました。


チューニングは、そっちの方が楽器のピッチの全体のバランスがよくなるのだそうです。
いつもブラスにあわせてB♭でやってたのでちょっとびっくり。
楽器の特性上そっちのほうがいいんですね。

並び方は、ハーモニーを作るうえでのバランスや便利さなどの理由でだそうで。
はじめにうちと同じ並びで座っていたBSの方々は、
jimが入ってくるなり直されていました。
ハイソの並びには理由があったんですねー。
目からうろこ。
まぁ、確かに意味もなしにわざわざテナーを離して配置したりとかしませんよね。

ほかにも明日のセク練で試してみたいことがちらほら。


ジャズインプロビゼーションに関しては、
ちょっとずつ」そして「覚える」ことがミソだそうです。
あとパーカー、ロリンズ、スティット、キャノンボールなどの「クラッシック」なものをなるべくたくさん聞けと。


なかなか面白いクリニックでした。
言っていることはすごく基本的なことが多かったのですが、
教則本も書かれているだけあって、説明が的確ですごかったです。
というか、言葉を使うのがうまい!!
表現がわかりやすいって、すごいことです。
微妙にジム・スナイデロと通訳さんとで言うことが違うのが気になりましたが…

ちなみに、ちょっと感動したのは
"One, two, one two three"のカウントの声がCDと生とでまったく同じだったこと。
くだらないところで「本物だ〜」と思ってしまいました。

もっと時間が長ければよかったのにな。
教えてもらいたいことは山のようにあるのです。

パクリ終了〜!!


posted by チャーリー at 00:10| Comment(1) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

楽器それぞれの可能性を引き出すためには。。。

 今日は渋谷のウィンドブロスでテナーを買ってしまった。中古テナーサックス Yanagisawa T-9930 328,000円 (税込344,400円) シルバーソニックだ。脅威の半額の値段にあっけなく陥落。アルトよりも一生使えるものを購入してしまった。もう、勉強は諦めるしかないのか。

 そんなこんなで、ここ5日前くらいからテナーを吹き始めた。(5日目で買ってしまうとは、)それまでアルトしか楽器をあまり吹いたことがなかったのだが、アルト以外の楽器を吹いてみて、かなりの収穫があった。というのは、テナーを吹くことで逆にアルトらしい吹き方、歌い方が前より、より明確になった気がするからだ。

 往々にして、それぞれ各楽器にはそれを活かした、吹き方があるのではないか?サックスとフルートのフレーズ、トランペットのフレーズは微妙に違うように。そう考えると、エリック・ドルフィーやチャーリー・パーカー、ポール・デスモンド、マイケル・ブレッカー、ジョン・コルトレーン、ヤン・ガルバレク等もすごく楽器の特徴を活かしているといえる。
なんにせよ、いろんな楽器はプレイしてみるべきですな。。


posted by チャーリー at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ただいま福岡です。東京とかわんねぇ〜!!

 なにやらジャズ研の合宿と、演劇の音響の仕事の都合で2週間ばかり東京に戻っていません。更新できるのは30日ごろになりそうです。いつも見てくださっています皆様、どうかまた遊びにいらしてください。よろしくお願いします。
posted by チャーリー at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

輝く!日本ブログ大賞 2005 にへろジャズも参戦!

 輝く!日本ブログ大賞 2005 にへろへろジャズレポ(Ver.2.0)http://herojazz.seesaa.net/も参加します。
管理人はチャーリーです。アドリブ初心者のジャズサックス練習日記。コード理論、練習方法、おすすめ管楽器リペア店、教本等の紹介などのブログです。よろしく〜!

人気blogランキングへ

へろへろジャズレポのトップへ

posted by チャーリー at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

ノイズ声ワークショップってなにすんの?

なにかネットでぶらぶらしていたら、こんなものが!
ノイズ声ワークショップですって!
しかも、3月8日早稲田大学学生会館地下2階ホールでライブ。。。良く行く練習場所じゃん!あらら。調子にのって調べました。
ノイズ声ってこんなのらしいです。
↓別のワークショップ情報ものってます。
ウィリアムさんのページ

この前、フリージャズのワークショップに参加しましたが、世の中アングラではいまだに、日本らしい怪しげなものがゴロゴロしているみたいですね!遊びにいってみよ〜!

人気blogランキングに参加してます!応援よろしくね!

へろへろジャズレポのトップへ

posted by チャーリー at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

おばあちゃんの一言。

今日はおばあちゃんのところへ、掃除しにのであります。知らないと思いますが、ウチのおばあちゃんはおしゃべりです。無駄口が多いと言うかなんというか、それでも、聞いてやらにゃ〜いかんのです。で、それでマラソンを見ながら聞いてるつもりをしていると、なんか前後の文は分からなかったけど、ピンとアンテナが反応した文があった。

「見えるものはいいけど、本当に怖いのは見えないものだよぁ。」

続きを読む
posted by チャーリー at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

初!悪徳商法?わくわく!

今日、WTCカスタマーセンターなる所から、電話があった。
なんとも不思議な電話である。キャンペーンの登録のお返事を
いただいていませんとのことから、スタート。
はぁ〜?
なにを言ってらっしゃるのか?ウチにはそんなお葉書きていませんが、
でも、感心だなぁ〜と思ったのは、続きを読む
posted by チャーリー at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。