メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2007年09月30日

丸山欣也先生の授業スタート

 さて、土曜日から世界的にも有名な丸山欣也先生の授業が始まった。土曜日と言うことをいいことに予定では1時50分から17時までのはずが、結局20時くらいまでやることに。。内容は石ころ3つを見つけてきて、その3つの石で空間をつくり、その内部空間をスケッチするというもの。

 丸山先生いわく、現代の流行などのデザインに流されるのではなく、自然本来がおりなす造形をしっかり観察すれば、驚くほど必然性と多様性、美的なるデザインが学べるとのこと。なるほど、わかる気がするが、自分にはまだこの感覚が自分の中で育っていないため、よくわからない。ここは、ただひたすら観察してみてから判断しようと思う。

 それにしても、丸山先生という人は実にいい風を持っている人だ。普段は基本的に失礼なのだが、仕事の話になると「正しいことをやれ」と言う。自分は正しいと思う仕事しか受けない。これまでもそうやってきたと。何が正しいのか、いったい正義とは何なのか?疑問点はいくらでもある。しかし、この先生は間違っていない。そういえば自分は就職活動の時、どの会社にも「自分の正義を追求したい」と必ずいっていた。結果はどの会社も面接相手が社長に近くなればなるほど反応は悪かった。なつかしいなぁ。でも、自分はそれでいいと今も思っている。正しいことをして生きていけない社会はどこかおかしい。

 丸山先生とはそういった意味でかっこいい大人だ。自分の人生の中で「正しいことをやれ」といってくれたのはマンガや映画、小説の世界をのぞいた現実社会ではこの先生が初めてだ。そういう大人はこれから育つ後世の子どもたちにはとっても大切な存在だと思う。なんだか「正しいことをやっていちゃ、食っていけない」という台詞には聞き飽きた。

 今日までの公開だが、Yahoo動画で「妖怪人間ベム」が無料公開されている。このアニメは教育という観点で非常に大切な視点を与えてくれる。その中で「人として生きるには、正しく生きなければならない」という台詞は印象的だ。このアニメは1968年(昭和43年)10月7日から1969年(昭和44年)3月31日まで放映され、僕が産まれる20年ほど前の作品だが、当時はどのような時代背景なのかわからないが、当時の大人(つまり今のおじいちゃんたちの世代)は何らかのメッセージを当時の子どもたち(今の親世代)に伝えようとしていたのかもしれない。

 まあ、そういうことで、丸山先生が失業しない限り、自分もなんとかなるさと思う。これは実に有難いことだ。自分の人生が保証されたような感覚(もちろん努力なしには成り立たないのだが)。やはり、かっこいい大人は世界に光をもたらしてくれるものだ。自分は後世に対して、はたしてこのままだとどんな土産を残せるのかと、ある時考えたことがあるが、「正しく生きる」という生き様を残すのなら、お金持ちにならなくても、自分の子ども、孫にいい土産ができる。うん、なかなか悪くない。
posted by チャーリー at 18:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

トラックバックテスト
Excerpt: ホームページにトラックバックシステムを追加しました。 テスト送信します。 →無事にトラックバックは正常に機能するみたい。
Weblog: 大学生NPO奮闘記
Tracked: 2008-02-11 00:15
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。