メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2005年02月08日

12キーの練習って......

ジャズやっている人はだれでも一度は、12キーの練習ということは聞いたことがあると思う。だけど、ボクのように、どうも音楽的じゃなくて、なにかこのフレーズためて使うのかぁ〜なんかやだし、仕込んで待ってましたとばかりに使うのが許せない、、、なんて思ってしまう愚かものが世の中にはきっといることであろう。
うんうん、その気持ちわかるよ。でも、12キー、、、やらなきゃいけないんだなこれが。だって、いきなりF#なんて出来ますか?
そこで、ふっとある練習法を思いついた。前、ラーモン・リッカーが言っていた練習方法なんだけど、曲、ソロをすべて12キーでやる。
例えば、パーカーのBlues for Aliceをテーマ、パーカーのソロも含めすべて12キーでやる。これはしびれる!!すべて活きているソロだ。1曲でも12キーでやり遂げたなら、あなたは確実にパーカーをより理解し、前よりも数段うまくなっていることであろう。
ちなみに、ボクは今日Scrapple from the Appleのテーマを12キーでやりました。テーマだけでもしんどい。でも、いかにもフレーズな従来の12キー練習よりも、歌を歌っている気分で、実に練習が楽しい!
12キーで同等に歌えるほど、出来たら、もうどんなキーでも今までより上達しているはず。ボクたちがやるべきことは、キーにあった音を出すことじゃなく、どのキーでも歌うように吹けることだ。

ほかにもジャズ系ブログがいっぱい。

へろへろジャズレポのトップへ
posted by チャーリー at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1867224

この記事へのトラックバック
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。