メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2005年02月08日

森美術館アーキラボに行ってきた。

友達と一緒に、、、

 六本木ヒルズの森美術館では3月13日まで「アーキラボ〜建築・都市・アートの新たな実験展1950-2005」というのをやっている。これは建築現代史を把握でき、各時代の理論や実際に建てられた建築など、建築科の学生だけでなく、一般の人も「ああ〜こんなコンセプトで最新の建築は建てられているのか」ととてもおもしろいものになっている。「へ〜こんな建築9.0の地震がきたらつぶれちゃうだろう〜」と思うのもたくさんあり。現実的かどうかは二の次にしても、建築家がどのように考えて、建築と向き合っているか分かる気がする。

 欲をいえばもっと、外から見た模型だけでなく、建築内部の様子を紹介して欲しかった。ボクのもっぱら住まいに対して思うことは、外観というよりも、そこに生活したときに、意識の変革が余儀なくされるような、そんな建築を期待する。う〜ん分かりやすく言うと、建築なり絵画なりアートと呼ばれるものは、見る人にある「心的揺さぶり」をかける。この絵を見ているとなんだか心が落ち着くな、、、とか。つまり、その効果をもっといかし、住んでいるだけで、すごくリラックスするとか、明日も頑張るぞ〜とか、今の日本は危ないとか、、、笑。そんなことに注目した作品をもっと取り上げてほしかった。絶対いるはず!!


 まあ、とにかく行ってみて下さいな。学生は千円だよ。森美術館は以下。
 MORI ART MUSEUM

建築家のブログもいっぱいあるよ!

へろへろジャズレポのトップへ
posted by チャーリー at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現・芸術について思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1867006

この記事へのトラックバック
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。