メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2004年12月10日

12月8日の研二さんレッスン

 同日のバンド音源を聞いてもらったところ(曲はナウズ・ザ・タイム)
@サックスが音を出して、ピアノ、ベースが反応するその一方通行性のみで、サックスがピアノに反応して、何かやるというのが皆無。そこをやれ!
Aフレーズに脈絡がない。聞き終わって一つも覚えていない。もっと、このフレーズはどう考えても、ソロ全体の中で、絶対必要だと言えるように、吹いたほうがいい!そりゃ、音はあってるけど、今のはコンピューターに自動アドリブをとらせているのと同じ。練習としては、音を出したら、その一つのモチーフを出来るだけ利用する。その曲のメインを支配するような。ロリンズのセントトーマスと同じ考えかな?
Bモチーフを吹くとき全部入る位置が同じ、全部3裏。同じモチーフでも小節の置き位置によって、印象が全然違って、ソロに面白みを加えることができる。
C1コーラス単位で考え過ぎ。もっと奇数小節のフレーズを。6小節プレイ1レスト、7小節プレイ3レストとか、3コーラスで1循環とか。
<宿題>
@同じモチーフを拍のどこからでもできる。
A一つのモチーフを三回やって(勿論、部分的な音程は変化可)三回目のケツにニューモチーフをつけて、同様に三回やってニューモチーフをくっつけて、半永久的に練習する。慣れてきたら、3回でなくてもいい。盛り上げて展開したいときに上のをやってもいいが、さしあたって上のやつをやれ。
B奇数小節の長さのフレーズ。
 2小節吹いて、3小節休む
 3小節吹いて、2小節休む

 以上の二つをカラオケと一緒にやる。がんばるど〜!
posted by チャーリー at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | れっすんレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。