メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2006年04月20日

芸術分野におけるファンドの意義





 ここ最近、芸術分野におけるファンドによる制作が、ちらほらと出てきた時代なのかなぁと思います。芸術は支援なしでは生きられないものなのかもしれません。なぜなら、歴史上芸術単体でマネーを生み出すというより、権力者や成金の下に属することで生きながらえてきた節があるからです。ある時は貴族お抱えの絵師であったり、ヒトラーの大衆操作に使われたり。
 
 映画「忍−SHINOBI」は日本で初めての個人向け映画ファンドの応募を受け付け、投資額は一口10万円から。何口でも申し込め、 映画ファンドで集められた資金は、「忍−SHINOBI」の製作費などに充てられ、劇場収入とビデオ収入から利益を還元される仕組みです。

 音楽でも、新人アーティストをファンドでもって育成するということが、起こっているみたいで、ミュージックセキュリティーズでは1口1万円〜で、全てオンラインで簡単・気軽にお申込ができるそうです。

 しかし、多くの資金を集めるためにはより多くの大衆に魅力があると思わせなくてはなりません。従って、ここでも芸術は大衆に従属するという図式が起こってしまいまい、今までの流れと何一つ変わらないのかもしれません。大衆から多くの支持が得られるというのは必然的に多くの潜在的利益が期待でき、ファンドはビジネスの匂いを嗅ぎ分ける道具なのかもしれません。

 芸術はそれ自体のために奉仕するというスタイルは、近代になって流れとして現れましたが、それが結果として芸術家たちを弱らせる事態を引き起こしました。やはり、金持ちの下で霞みを食っていくのがよいのでしょうかね?

以下はアイドルファンドに関する記事です。
http://plaza.rakuten.co.jp/japaner/8002





posted by チャーリー at 20:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 表現・芸術について思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16820695

この記事へのトラックバック

株式投資ならここ!
Excerpt: 新興市場3銘柄も本日ストップ高!! ストップ高銘柄連発!ほんとにすごい!一見の価値あり!! アドアーズ、グラフテックに続く銘柄が今日も急騰!! それは一体!!!???
Weblog: 株式投資のWINチャンネル
Tracked: 2006-04-20 22:11

domanda di applicazione di lavoro
Excerpt: <a href="http://4412.jasuwedefyh.info/">hotel internazionale londra del parco</a> <a href="http://3267.jasuwedefyh.info/">azienda del tabacco dell'india</a> <a href="http://3486.jasuwedefyh.info/">che cosa ? prestito di ponti..</a>
Weblog: domanda di applicazione di lavoro
Tracked: 2006-08-28 16:59
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。