メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2005年07月28日

音楽業界の発展とレコード会社

 最近、大学で新たなサークルを作ろうと思っている。
そのコンセプトは「音楽初心者が音楽を楽しむ(play)する方法はないか?」
というものなのだが、その前に音楽業界の発展とレコード会社の話をしたい。
現在、私たちの身の回りにはさまざまな音楽が溢れているが、不思議なことに面白い作品が思いのほか少ないことに気づく。なぜだろう?

 現在、レコード会社は売れる(実際売れるかは別として、売れそうな)音楽を売り出している。売り出していると言っても、実際売れるのは10人に2人いるかいないかで、その2人が稼いだお金によって、残りの8人の育成費をまかなっている状況だ。つまり、余裕なんてものはなく、音楽的に見て面白いもの、意味のあるものよりも、売れそうな音楽を徹底的に売り出していくしかない。売れそうな音楽しか表にでないという構造は、一見良さそうだが、いささか多様性という面でみれば、つまらない。なぜなら売れそうという1つのジャンルができているからだ。もし、世の中に1つのジャンル、1つのスポーツ、1つの民族しかなかったら、面白くないし、何より発展や刺激というのが起こらないだろう。

 じゃあ、レコード会社がいろいろ出せばいいじゃんというかもしれないが、彼らはみすみす売れないだろうと分かっているアーティストに多額の回収不可能なプロモーション費を払う訳が無い。それが、売れれば話は別だが。

 今、売れればといったが、実はそれが一番重要なのだ。消費者がいい音楽の判別がつく。面白い音楽、価値のある音楽というものを見極められれば、レコード会社も面白い音楽や価値のある音楽を世に売り出すことが、できる。なぜなら売れるから。(ここは現実は微妙な仮説だが、今よりは売れるだろう。)

 僕が一番変えなければいけないのは、まっとうに面白い音楽、未だかつて無い音楽、意味のある音楽をつくろうと試みているものが、なんの援助もなく、報われることのない社会というのは、どこか間違っているのではないかと言うことだ。これでは業界が発展するどころか縮小してしまう。これは、僕がとかジャズがとかそんなチンケなことを言うのではなく音楽全体についてだが。もう一度この問題は真剣に話さないといけない気がしますね。


posted by チャーリー at 01:23| Comment(1) | TrackBack(1) | 芸術・音楽の発展における課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

池田篤さんのレッスンレポ“コード感とスケール”

 久しぶりですね。さて、夏なので更新を開始します。

さて、今日取り上げるのは“コード感”というものです。
よくコード感があるソロといわれますが、どうしたらコード感があるソロが吹けるのでしょうか?池田篤さんによると、拍のオンビートにコードトーンがくるのが大基本のようです。
では、具体的に一番わかりやすいのは、ビバップスケールと教えていただきました。

 DmにおいてはC#を加え、(ドリアン)

 G7においてはF#を加え、(ミクソ)

 CMaj7においてはA♭を追加することで(アイオニアン)

8音のスケールが出来上がります。これで、2-5-1のフレーズはすべてコード感のあるサウンドを生み出すことができます。
さて、では次にマイナー2-5はといいますと、Dmに向かう

 Em7♭5はスケールはEロクリアンでD#を加える

 A7♭9はHP5↓でG#を加える

これで、ほとんどのすべてのマイナー2-5はとりあえず切り抜けられるそうだ。
続いて1音上昇と半音下降する7thコードはなんのスケールかと言えば、
これはリディアン♭7を使う。ではこれのビバップスケールは

 D♭7ならDを使うそうだ。


これに関しては次回のレッスンで詳しく聞こうと思う。いずれにしても、コードトーンが表拍にこなければ、コード感はでない。これを、1年間徹底的にやれば、アドリブは誰にでもとれるだろう。


posted by チャーリー at 01:27| Comment(1) | TrackBack(0) | れっすんレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。