メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

2005年05月08日

演奏がうまくなるには...その2

 最近、先輩方やOBにいわれたことをまとめたいと思います。

「ジャズっていうのは単語単位でしゃべるんだ。レとかではなく、レドシドで一単語。だから吹いているときは次なんの単語をしゃべるかは考えるけど、一音ずつ次はレとかやるわけではない。例えば次ぎにコードの構成音にたどり着いたら自然とそこからのフレーズが出てくる。」

「もっというと次はなんのフレーズとか考えるわけではない。沸き上がるんだ。飽和点みたいに。もし、今その感覚がないのなら、今は徹底的に機械的にフレーズを12キーで練習してジェイミーのマイナスワンにあてはめることをやれ。コードのいろんな位置からはじまるものを。」


ジャズ研OBのアルトの先輩より。

「俺らがお前に求めているのはフレーズを吹けることじゃない。それよりも酒バラのテーマがジャズらしく吹けるかとか、マーシーマーシーマーシーがファンキーに吹けるかとかそういうことだ。」

「お前に今必要なのはおそらくトーンとタイムだ。アートペッパーならアートペッパーでCDを流して一緒に吹いてニュアンス、雰囲気がそっくりになるように吹く。トーンとタイムが良くしろ。お前はよく音をのばすところで延ばしきれていない。そういうとこも常に気にしろ。」

「俺は1年のころDマイナーだからDドリアンというように吹いていたんだけど、ある先輩にそうじゃないって言われた。それ以来頭の中に浮かんだものを出すようにしたんだ。お前、フレーズを吹くとき歌いながら吹いているか?つまり声に出して歌いながらサックスを吹いているか?すべてのフレーズは歌えないとダメだ。」


テナーのI先輩より。

いや、ありがとうございます。
posted by チャーリー at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

演奏がうまくなるにはどうしたら?

 最近、とても忙しく更新する暇もなかったのですが、ちょっと思ったこと、先輩にいわれたことを箇条書きにしてみたいと思います。
  • なんでも、音を出す前には頭でイメージ、ピッチを鳴らすように努力しなければならない。
  • コピーしたものは完全に頭で処理できるまで覚える。特に書くことで覚える。
  • コピーしたものを完全に身につけるには、おそらく2小節コピーフレーズ、2小節アドリブ、できたらその逆や奇数小節でやる。
  • スタンダードはとにかくピアノでコードとメロディーを確認、その後書きまくって覚える。
  • 自分の練習法を信じる。迷わない。
以上かな。
posted by チャーリー at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人練日記(練習方法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メニュー(お好きなのをどうぞ〜!)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。